電車の風景

1999年開設したHP「阪神電車の風景」の書庫としてスタートしました。 阪神以外にもテーマを広げていくため「電車の風景」と変更しました。

JR福島駅からなにわ筋線浄正橋交差点方向を見た写真です。

DSC_4984_20231102_090814NX

1984年の同じ場所からの写真。
阪神電車が道路を横切っています。

1984-1_20210913_6632




JR福島駅は大阪環状線の高架駅ですが、ここから梅田貨物線が地平へ降りていきます。この先、大阪地下駅(うめきた)に向かうのですが、関西空港、和歌山を結ぶ特急が1時間あたり3本程度走っています。結構唐突に踏切がある印象です。

DSC_4990_20231102_091400NX

国鉄西成線のころ、福島駅は地平にありました。また阪神電車の福島駅も戦後1948(昭和23)年の線形改良まではこの付近にありました。
1964年(昭和39年)環状線が高架化されるまでは地平を阪神、西成線が並走していたそうです。
 DSC_4988_20231102_091259NX

さらに西方向に移動すると廃線跡にできた建物がありました。
DSC_0656_20220602_143941

同じく廃線跡の建物。阪急阪神グループのホテル阪神アネックス大阪が奥にあり、手前が阪急オアシス。
DSC_0658_20220602_144154

路地に入ると昔ながらの通りが。
DSC_0646_20220602_143257

西に移動して、細長い敷地のレンタカー屋。これは新しい阪神地下線の入口上に作られたもの。
DSC_0659_20220602_144354

トンネル上の「扁額」には「萬方慶」と書かれており、これは1939年(昭和14年)に出入橋トンネル入口に掲げられたものと同じ文言です。全ての人が喜ぶの意だそうです。
DSC_0660_20220602_144513

旧地上線は、もっと大きくカーブして左へ曲がっていっていました。
DSC_0664_20220602_145156


DSC_0678_20220602_145419


DSC_0693_20220602_150533

さらに野田駅へ向かいます。
この区間は、1961年(昭和36年)12月8日に高架化されています。ただ大阪環状線との交差部は初めは阪神が高架で上を通り、環状線高架化で阪神が地平に降りたそうなので複雑です。
DSC_0698_20220602_151431

野田駅北側には古い街並みが残っていました。
DSC_5226_20231102_153345NX


DSC_5232_20231102_153510NX


DSC_5236_20231102_154244NX


DSC_5240_20231102_154512NX

野田駅はかつて阪神国道線、北大阪線のターミナル駅でした。バスターミナルになって残っています。
DSC_5223_20231102_152737NX

野田駅ホームから。

DSC_5214_20231102_151502NX


DSC_5216_20231102_151624NX


DSC_5220_20231102_152238NX

阪神電気鉄道が開業した頃、始発駅は梅田ではなく出入橋でした。この話はよく知っていたのですが実際の出入橋がどうなっているのか知りませんでした。まだ福島駅が地上駅だった頃、梅田地下線に入る手前の写真は撮っていました。




この時はなんだか裏道を歩いたようで、出入橋を見ないで通り過ぎたようです。
今回は阪神開業時の始発駅出入橋駅の痕跡と出入橋そのものを見に梅田から歩きました。
阪神大阪梅田駅の西口からスタート。


 DSC_0589_20220602_134344

工事が進んで最後の仕上げ段階でしょうか。
DSC_0592_20220602_134512

東西地下道(都市計画道路大阪駅前1号線)の拡幅整備も終わり広く綺麗になりました。西へ進みます。
DSC_0594_20220602_134622

「梅田2」交差点。
2022年6月の時点で工事中のJRタワー大阪、下層階はKITTE大阪。2024年竣工予定。
旧 大阪中央郵便局なのでキッテなのですね。
DSC_0597_20220602_135621

「梅田2中」交差点。
中央右のビルはハービスOSAKAでリッツ・カールトンホテルなどが入っています。
阪神電気鉄道所有で、かつて阪神本社があったところ。阪神電車地下線入口の上に旧阪神本社、ホテル阪神がありました。
DSC_0601_20220602_140024

このリッツ・カールトンの下が旧地下線入口になります。
DSC_0608_20220602_140709

この西側には西梅田公園があり、ここが阪神電車の地上線跡になります。
DSC_5005_20231102_092622NX

この場所は旧出入橋駅があった場所でもあります。
先述のように1905年(明治38年)4月12日開業当初、始発駅であった出入橋駅は梅田駅延伸後も1948年(昭和23年)10月まで存在していました。戦後休止していた福島駅(こちらは現在のJR福島駅付近にあった)と統合する形で廃止になりました。

DSC_4998_20231102_092329NX

公園は一段下がっていますが、軌道跡は残っていません。
DSC_4999_20231102_092400NX


DSC_5002_20231102_092513NX

1982年の写真。阪神高速が通っているのは同じですが、地図を見ると料金所の作りが変わっているようです。ほぼ西梅田公園の位置で、福島駅側を見ています。
198204_0011



公園の南に国道2号線、曽根崎通りが通っています。ここが新出入橋です。交差点は新出入橋東。
DSC_0607_20220602_140429


新出入橋の一本隣に出入橋があります。

DSC_0614_20220602_141132



DSC_0613_20220602_141106

もう川は暗渠になってありませんが、橋の両脇に水道管?を通した跡があります。

DSC_0623_20220602_141434


老舗の店が並んでいます。
DSC_0624_20220602_141530

出入橋交差点。
中央タクシーの上に見える低い建物は「ファーストキャビン西梅田」で阪神地上線の跡地です。
DSC_0625_20220602_141740

この区間は曲線の多い線形でした。だいぶ改修されていたそうですが、野田駅まで狭い建物の間を縫うように走っていました。この細長い建物はいかにも跡地に建てたようです。
DSC_4994_20231102_092027NX

先に見えているのがホテル阪神大阪が入っている「ラグザ大阪」。このビルは地上時代の阪神福島駅跡にできています。

DSC_0630_20220602_141954

東側を振り返り。
DSC_4992_20231102_091812NX


奥に見えるのはラグザ大阪の隣に立つラグザ大阪レジデンス(マンション)。これも旧福島駅の跡地に立っています。
その南側には昭和の建物が残っています。古い飲食店が入っているだけでなく新しい店もあるようです。
古い地図を見ると、阪神福島駅は先に開業していた西成鉄道、現在のJR福島駅の隣にあった時代が長く、これらの店は元々駅前にあったわけではなさそうです。ですが地上駅の頃は福島駅に接する区画でした。


DSC_0583_20220602_131913p


DSC_0635_20220602_142337p


DSC_0633_20220602_142254

この奥はラグザ大阪、ホテル阪神大阪。
DSC_5016_20231102_093552NX

現在の阪神福島駅は国道2号線の直下にあります。
DSC_0642_20220602_142923


DSC_5020_20231102_093803NX



阪神電車は2023年日本シリーズに勝利し、日本一になりました。日本シリーズは阪神タイガースとオリックスバッファローズの対戦で「なんば線シリーズ」となりました。日本シリーズ最終日11月5日まで全車に掲げられた副標です。
記録写真を淀川駅から撮影しました。

DSC_5344_20231103_082100NX


DSC_5360_20231103_083054NX


DSC_5370_20231103_084052NX


DSC_5365_20231103_083845NX


DSC_5371_20231103_084410NX


DSC_5402_20231103_101518NX


DSC_5411_20231103_101922NX


DSC_5457_20231103_102153NX
 

すでにこの副標は日本一のものに変わっています。

2023年11月5日、日本シリーズは阪神の日本一達成で終わりました。
筆者はチケットが取れなかったのですが、大阪神戸の雰囲気を見に行きました。

日本シリーズの副標デザインは阪神の黄色とオリックスの青色を並べたものでした。
青色が5001形の青胴の色にマッチしていていました。この組み合わせを撮影しようと狙っていました。


DSC_5392_20231103_094528NX

しかし5001形は尼崎車庫に2編成停まっていました。

DSC_5377_20231103_085928NX

さらに奥には編成が解除された5001の車両が置かれていました。
DSC_5378_20231103_085939NX


したがって残る1編成だけ運行している状況で、撮影機会が限られる中、筆者も神戸を離れる時間も迫っていました。
5001形は今年2月に惜別していたつもりでしたが、日本シリーズヘッドマークをつけて最後の力走をする姿をなんとしても撮影しようと、粘りました。

定番の淀川鉄橋で捉えることができました。


DSC_5422_20231103_102140NX


DSC_5435_20231103_102146NX


DSC_5449_20231103_102151NX


DSC_5457_20231103_102153NX


DSC_5468_20231103_102235NX

野田駅
DSC_5487_20231103_103603NX

御影駅
DSC_5384_20231103_092729NX

魚崎駅にて。ここは筆者にとって思い出の駅でした。
DSC_5510_20231103_112833NX

側面には「ARE」のステッカーが残っています。
DSC_5383_20231103_092634NX



DSC_5394_20231103_094720NX


DSC_5388_20231103_092954NX


DSC_5493_20231103_104607NX
 
名残惜しいですがキリがないので、この後新幹線に乗って帰りました。

神戸市立御影公会堂は、神戸市東灘区御影石町にある、「阪神間モダニズム」の一つとされる昭和初期の建築です。

1933年(昭和8年)に御影町公会堂として完成しました。設計は清水栄二で同時期に近所の魚崎小学校、魚崎町役場も手掛けており、施工は甲子園球場も施工した大林組です。

筆者は魚崎小学校などは行ったことがありますが、なぜか(用もなかったので)御影公会堂は行ったことがなかったので行ってみることにしました。




阪神電車石屋川駅

DSC_5101_20231102_115526NX

DSC_5102_20231102_115605NX


石屋川を上流に少し歩くと国道2号線があります。そこに御影公会堂が建っています。

太平洋戦争の空襲、阪神大震災に耐え、国の登録有形文化財に2018年登録されました。

DSC_5107_20231102_120314NX


国道2号線にはかつて阪神電気鉄道国道線が野田から西灘、東神戸まで走っており、公会堂の前にも「上石屋」停留所があったそうです。国道上に見える中央分離帯のゼブラはその名残りなのでしょうか。

ちなみにこの国道線の停留所は一般の路面電車のホームは無く、ただ道路上に停まって路面に直接乗降するものでした。なんでも元々あったホームを太平洋戦争時日本軍が撤去して緊急の滑走路に使えるようにしたとか。電車にステップがついていたものの危険極まりない乗降でして、幼少時に乗った時に怖くて降りられなかったことを覚えています。

DSC_5103_20231102_120042NX


石屋川橋も歴史があります。国道2号線は「阪神国道」として1926年(昭和元年)12月25日 に 開通しました。

DSC_5109_20231102_120357NX


DSC_5105_20231102_120129NX


御影公会堂は2017年にリニューアルしており、バリアフリーに配慮しています。

DSC_5111_20231102_120434NX


正面玄関内部。天井の梁にもアーチ状にデザインが施されています。

DSC_5112_20231102_120527NX


地下に降りると御影郷土資料室と嘉納治五郎記念コーナーがあります。

ちなみに嘉納治五郎は講道館創設者の柔道家のことですが、元々御影に「灘の生一本」で知られる、灘五郷の菊正宗と白鶴の酒造で財を成していた「嘉納財閥」が寄付して御影公会堂が出来た事もあり、その一族に嘉納治五郎がいたため。なお嘉納治五郎は「灘中等学校」の創立に関わっています。

DSC_5115_20231102_123341NX1

DSC_5115_20231102_123341NX2



地下には食堂があります。

この食堂は洋食レストランで、御影公会堂開館当初からあるそうで、その伝統が受け継がれています。

内部は明かりの入る窓がある高級レストランです。

DSC_5113_20231102_120821NX

天井の意匠も残されています。
DSC_5114_20231102_120841NX

平日の昼に御影公会堂の食堂でランチを食べ、阪神が勝った新聞を読む、というセレブのマネをしてきました。(笑)
IMG_3615

阪神タイガースは2023年、クライマックスシリーズを勝ち抜いて日本シリーズに突入しました。オリックスバッファローズと関西対決、阪神甲子園球場と京セラドーム大阪の「なんば線シリーズ」ということになりました。
大阪ドームで阪神-オリックスは1-1、甲子園で初戦を落とし1-2で迎えた第4戦、大山のサヨナラヒット、第5戦、森下の逆転スリーベースなどで3-2と阪神が王手となりました。しかし11月4日時点、第6戦オリックスが勝って3-3のタイになっています。

筆者もチケットが欲しかったのですが抽選に漏れて入手できず。それでも大阪のホテルを予約が取れたので、阪神電車の日本シリーズ副票を撮影しにわざわざ横浜から行きました。

甲子園球場で行われた3戦中は臨時特急、それも久しぶりの梅田甲子園間ノンストップ特急が3本走ると発表があったのでそれを狙いに行きました。


2023年11月1日 大物駅にて

すでに急行も満員です。

 DSC_4635_20231101_163111NX


DSC_4657_20231101_163824NX


DSC_4706_20231101_164845NX

臨時特急 1本目
すでに陽が落ちてきました。
DSC_4734_20231101_165631NX


DSC_4749_20231101_165802NX


DSC_4781_20231101_171207NX

臨時特急 2本目
DSC_4807_20231101_171657NX

尼崎駅を通過する臨時特急 3本目
すでに暗くなってしまったので尼崎駅に移動して撮影。
DSC_4880_20231101_173849NX



2023年11月2日 梅田駅にて
前日のサヨナラ勝ちでタイに戻したこの日は甲子園球場で最後の試合ということもあって盛り上がっていました。
青胴車にだけヘッドマークが取り付けられています。5001形は今年度で引退が決まっています。

DSC_5247_20231102_162844NX

臨時特急 1本目
DSC_5262_20231102_164031NX

満員で発車
DSC_5265_20231102_164305NX


DSC_5271_20231102_165309NX

臨時特急 2本目
DSC_5275_20231102_170131NX

新しくなった梅田駅の終端部には多くの撮影者が。
DSC_5278_20231102_170213NX

臨時特急 3本目
DSC_5303_20231102_172307NX

最後の臨時特急も満員でした。
DSC_5318_20231102_172814NX

久々に鶴見線の国道駅に行きました。
国道駅は鶴見臨港鉄道として、開業から4年経った1930年(昭和5年)、弁天橋駅から鶴見仮停車場まで延伸時に建設されました。
昭和初期の雰囲気をそのまま残す駅です。
車両は国鉄時代の205系です。2023年冬以降E131系1000番台に置き換わっていくことが発表されています。

DSC_4148_20231013_142540NX


DSC_4150_20231013_142553NX

鶴見駅方面のホームを降り、中段の歩道橋を渡り改札口へ降ります。
DSC_4153_20231013_142657NX

鶴見駅側には国道15号(第一京浜)が通っています。
ちなみに同じ国道とつく駅名の阪急今津線、阪神国道駅の駅前は国道2号(第二阪神国道)が通っています。
DSC_4159_20231013_142859NX


国道側へ出る。

DSC_4171_20231013_143212NX

高架駅の側面
DSC_4167_20231013_143102NX

ネットで覆われたコンクリート壁には多数の穴が空いています。
この穴は、太平洋戦争末期、米軍による横浜川崎空襲の機銃照射でできたものです。

DSC_4163_20231013_142945NX

高架下は元は商店が入っていたのでしょうが、今ではほぼありません。
DSC_4172_20231013_143227NX

奥に進んで鶴見小野、弁天橋方面の高架と鶴見川橋梁
DSC_4189_20231013_143632NX

鶴見小野駅、弁天橋駅側を見る。トンネルの中から見るようです。
DSC_4198_20231013_143955NX

天井のアーチデザインは昭和初期に流行ったようです。
DSC_4207_20231013_144446NX

左側に無人改札があります。
DSC_4211_20231013_144631NX

鶴見方向ホームへ向かう歩道橋から弁天橋駅方向を見ました。日中だというのに薄暗い。
DSC_4217_20231013_144953NX

鉄路は昔と変わっていません。
DSC_4218_20231013_145152NX

弁天橋方面から205系が近づいてきます。
DSC_4229_20231013_150431NX


DSC_4237_20231013_150444NX

鶴見駅は突き当たりの終着駅です。
DSC_4240_20231013_150919NX


DSC_4241_20231013_150948NX


DSC_4245_20231013_151109NX

昭和初期の高架ターミナル駅
DSC_4246_20231013_151235NX


DSC_4251_20231013_152608NX

京浜東北線ホームから見上げる鶴見線。私鉄だった面影があります。
DSC_4262_20231013_153050NX

 

1994年2月、鶴見線大川支線で使われてきたクモハ12形が鶴見駅に乗り入れ運転するということなので撮影しに行きました。
鶴見駅に乗り入れて海芝浦などに運行していました。単行運転が鶴見線本線?に入ることは珍しいことです。
実際にクモハ12形が引退したのは1996年3月でした。


鶴見駅のクモハ12

19940220_0003NX


鶴見線は鶴見臨港鉄道として1926年(大正15年)に開業しました。
鶴見駅への乗り入れは1934年(昭和9年)のことです。昭和初期の雰囲気が残っています。
19940220_0010NX



19940220_0018NX



2023年10月の鶴見駅

DSC_4241_20231013_150948NX

DSC_4246_20231013_151235NX

DSC_4251_20231013_152608NX

あまり変化はありません。

1994年に戻って、そのまま海芝浦駅まで行って折り返し。
19940220_0015NX



乗車人数も多く、鶴見線に最後まで残った旧型国電を名残惜しんでいました。

19940220_0041NX

次の駅の国道駅
19940220_0045NX

この高架駅は鶴見駅より早く1930年(昭和5年)に開業しています。
19940220_0048NX

この先の橋梁は鶴見川ですが、1981年までは昭和初期建造のコンクリートアーチ橋で有名でした。
19940220_0051NX

高架駅の下は薄暗い。
19940220_0055NX


19940220_0056NX


当時の新型?車両103系
19940220_0059NX
 

2023年10月でも車両は変わりましたが駅の昭和の雰囲気は変わりません。
DSC_4218_20231013_145152NX


DSC_4217_20231013_144953NX

尻手から浜川崎支線で浜川崎駅に到着。Suicaタッチせずに鶴見線の浜川崎駅に乗り換えます。

DSC_4048_20231013_124250NX

一旦改札を出て道向かいの鶴見線に行きます。道路には浜川崎支線から鶴見線に繋がる貨物線の踏切があります。
DSC_4055_20231013_124607NX

鶴見線浜川崎駅。
DSC_4058_20231013_124922NX


DSC_4063_20231013_125055NX

鶴見方向隣の武蔵白石駅に行きました。
DSC_4067_20231013_125738NX

昔からある高圧線兼用架線柱。
DSC_4078_20231013_130532NX


DSC_4142_20231013_140105NX

武蔵白石駅は通過しますが、ここから大川支線が分岐します。昔はここに支線専用ホームがありました。
DSC_4135_20231013_135434NX


大川駅方向へしばらく歩くと白石運河にかかる大川橋があります。

DSC_4086_20231013_131501NX

大川支線の第五橋梁も並行しています。
DSC_4087_20231013_131633NX

この鉄橋の大川方向に、幾つもの穴が空いています。
これは太平洋戦争末期、横浜川崎空襲時の米軍機銃掃射による弾痕だそうです。
DSC_4092_20231013_131822NX


大川支線は鶴見臨港鉄道開業1926年(大正15年)に貨物線として開通していました。
DSC_4101_20231013_132044NX

DSC_4103_20231013_132117NX

大川駅。電車の本数は朝夕時のわずかです。
DSC_4116_20231013_133439NX


DSC_4117_20231013_133453NX

大川支線の終点です。
DSC_4119_20231013_133559NX


DSC_4123_20231013_133727NX





鶴見線の旧型国電が101系に置き換わるというので、写真を撮りに行きました。
弁天橋駅でしょうか?

1979-1_20210825_784NX


72系と101系のすれ違い。この頃101系は新高性能車でありきたりの通勤電車でした。
1979-1_20210825_787NX


1979-1_20210825_788NX

スタンションポールに木の床、旧型国電の典型。
1979-1_20210825_793NX


1979-1_20210825_825NX


武蔵白石駅
1979-1_20210825_797NX

2023年10月の武蔵白石駅。京浜工業地帯らしい電線の架線柱は変わらず。
DSC_4142_20231013_140105NX


1979-1_20210825_798NX

鶴見線は扇町が終点です。武蔵白石駅は大川支線の分岐駅です。
1979-1_20210825_799NX

大川支線へはここから乗り換えます。急カーブにあるホームを20m車は通過できないので17m両運転台車のクモハ12が単行で走ります。
1979-1_20210825_805NX

2023年10月の同じ地点の写真です。1996年3月にクモハ12形が廃車になるのを契機に、武蔵白石駅のホームが撤去されました。大川行きは通過します。

DSC_4135_20231013_135434NX

鶴見方向
1979-1_20210825_806NX

2023年10月。軌道内の雑草が目につきます。
DSC_4067_20231013_125738NX

1979-1_20210825_815NX



1979-1_20210825_807NX

駅舎は駅看板以外は変わっていないでしょうか。
DSC_4143_20231013_140300NX

1979年12月。武蔵白石駅大川支線ホーム。
1979-1_20210825_810NX


1979-1_20210825_811NX



終点の扇町駅。

1979-1_20210825_823NX



1979-1_20210825_827NX




↑このページのトップヘ