相模鉄道の車両センターを訪れました。

相鉄本線のかしわ台駅で下車、西側の改札を出ました。
(ちなみに東側は旧大塚本町駅改札まで350mの通路を歩きます。)

 DSC_0596_20231207_121248NX

西側に車庫が広がっています。

DSC_0589_20231207_121004NX

その奥が車両センターです。

DSC_0508_20231207_113557NX

ここは車両整備工場ですが、保存車両があることでも有名です。入口に向かって歩くと蒸気機関車が見えてきました。

DSC_0585_20231207_120734NX

正面入り口の受付で、蒸気機関車の見学を申し出ると許可していただけます。

DSC_0550_20231207_115741NX

見学できるのは入り口に静態保存されている蒸気機関車と客車のみですので間違えないように。
神中鉄道時代の神中鉄道3号機関車です。

DSC_0553_20231207_115912NX


DSC_0554_20231207_115926NX


DSC_0556_20231207_115959NX

大正時代の国産機関車です。

DSC_0577_20231207_120502NX


DSC_0559_20231207_120031NX

客車は中に入れます。

DSC_0557_20231207_120011NX

二重屋根で採光窓がついています。

DSC_0560_20231207_120101NX


DSC_0563_20231207_120129NX

三等車ということで背もたれは木製です。二等車とかあったのでしょうか?

DSC_0571_20231207_120317NX

腕木式信号機も保存されています。

DSC_0582_20231207_120612NX

受付でお礼を言って、外側から北側道路に回り込むと外から保存車両を見ることができます。
6000系の6021号は一両のみアルミ製でした。以降、相鉄はアルミ製車両を量産導入しました。

DSC_0510_20231207_114022NX

DSC_0544_20231207_115136NX

ED10形電気機関車(ED11)

DSC_0515_20231207_114203NX

相鉄トフ400形貨車。無蓋貨車で中央に車掌室がある。
DSC_0541_20231207_115044NX

2000系(モニ2005)。戦災復興車両で国電などが譲渡され、のち形式統合された。旧5000系製造後も普通電車といえばこれでした。色も黄色で初めから事業用車のようでした。

DSC_0519_20231207_114234NX

吊り掛け駆動でしたが、そのまま車体のみアルミ製に更新した2100系も存在しました。
DSC_0535_20231207_114928NX

(旧)6000系。しばらくはこの黄緑色が相鉄の標準色となり、新6000系も同じ塗色でした。筆者には馴染み深い車両です。
DSC_0534_20231207_114925NX


DSC_0531_20231207_114842NX


DSC_0529_20231207_114755NX


DSC_0528_20231207_114727NX

事業用車(700系モヤ700形)も見えました。