相模鉄道いずみ野線の弥生台駅の桜です。
弥生台駅は1976年4月、いずみ野線の開通時に開業した駅です。新線と駅周囲の大規模開発が同時に行われた典型的な新興住宅地です。
駅は半地下構造で駅前後はトンネルになっており、その斜面にソメイヨシノが植樹されたものですが、すでに半世紀が経過し、立派な巨木になっています。

DSC_4189_20240412_104346NX

西側下方向のトンネルの上から桜と電車が見えます。
ちょうど、上下電車が並びました。
DSC_4194_20240412_104436NX


DSC_4195_20240412_104436NX


DSC_4196_20240412_104437NX

橋上駅舎ですが、周りが小高いため地上と同じ高さに駅舎があります。
DSC_4204_20240412_105200NX


DSC_4217_20240412_105432NX

駅南側
DSC_4231_20240412_110223NX

ホームドアが設置されました。
DSC_4233_20240412_110241NX

駅北側から
DSC_4242_20240412_111236NX


DSC_4249_20240412_111527NX

上り方向の駅南側
DSC_4253_20240412_113531NX
 

小雨が降り出しましたが、桜の色が映えます。
この年はソメイヨシノの開花がここ数年で最も遅く、満開後雨が降ってしまいましたがよく持ってくれました。