電車の風景

1999年開設したHP「阪神電車の風景」の書庫としてスタートしました。 阪神以外にもテーマを広げていくため「電車の風景」と変更しました。

カテゴリ:阪神電車の風景 > 大阪梅田駅

阪神三宮は神戸三宮駅に名称変更。
その地上部には三宮阪神ビルが1933年に建てられてすでに85年近く経つ。
テナントは神戸そごうとして神戸市民には馴染みのデパートだが、このビルのの建て直し計画が上がっており、その際テナントも変わりそうだ。
歴史のあるビル壁面
210e92cb.jpg


昔の写真を見ると阪神電車が地下駅だったので「地下鉄」入り口になっていた
be7bf8a9.jpg


シャンデリアのようだった照明がLEDになっていた。
44c5b904.jpg

大理石の壁面
1d6530c7.jpg

58a7fe59.jpg


昭和初期の建築を示す各部意匠

c63c5583.jpg


降りると阪神神戸三宮駅
1bb657a5.jpg


阪神電車も青胴車ができて58年、この塗装もいつまで続くか
d1a19072.jpg


現在梅田の阪神百貨店(大阪神ビル)は半分ずつ改築中。
阪急阪神ホールディングスのもと、後方の新阪急ビルと合体。
98147b20.jpg


元々11月23日から関西京都奈良へ旅行に行くつもりでしたが、親戚に不幸があったので、急遽繰り上げて大阪へ。

池田市で式が終わり、心斎橋のホテルへ向かう途中、阪神大阪梅田駅に立ち寄り。
阪神百貨店
「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」も外観が見えてきました。

20201115_165748

阪神梅田駅も大阪梅田駅に名称変更がありましたが、周辺の工事が進み、いよいよ駅の改造工事が始まります。

20201117_085540


現1番線の向こう側にもう一線増設して、新1番線とし、現2番線を塞いで新たに広いホームにします。

20201117_085630

4番線の5500形
20201117_085856


1番線が新2番線になります。この天使たちはどうなる?


20201117_151350



20201117_151334_01

新しく阪神百貨店へ直結する階段ができていました。またこの裏手にコインロッカーも新設されていました。4番線沿いにコインロッカーがあった頃は重宝していたので助かります。

20201117_151444



20201116_093702_01

20201116_111958


翌日以降、京都、奈良へいきました。ちょうど紅葉が盛りでした。来週だと終わっていたかもしれません。
亡くなった親戚が呼んでくれたのかもしれないと思いたいです。 

大阪中津のホテルに泊まったので梅田起点に動きました。
阪神百貨店の入る「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」がほぼ完成し、百貨店も全面開店しました。
 向こうに月も見えていました。
DSC_1373_20211113_1075

朝のツインタワーズ。
DSC_1377_20211114_1079

阪神百貨店につながっている連絡橋脇からエレベーターで一気に阪神大阪梅田駅に出ます。
DSC_1387_20211114_1089

休日の朝は静かで広い。
DSC_1388_20211114_1090

梅田駅改良工事が進み、旧1番線が閉鎖され、新1番線が完成しています。
DSC_1389_20211114_1091

ホームドアが設置されています。ここに溢れるくらいの乗客が来るのは、次に阪神タイガースが日本一になる時でしょうか。。。
DSC_1391_20211114_1093

この石像も目隠しされて取り壊されるのでしょうか。現2番線はいずれ埋められてホームになります。
DSC_1392_20211114_1094




2022年4月、大阪梅田駅は大改装工事中、大阪神ビルは解体、建て直しが完了し、大阪梅田ツインタワーズサウスの中に阪神百貨店がグランドオープンします。
ここでは2002年の、まだ駅名は阪神梅田駅で、昔の阪神百貨店があった頃記述したものです。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

阪神梅田駅は大阪梅田地下にある駅です。
1939年(昭和14年)に完成した、当時東洋一の地下駅で、4線5ホームが並ぶ阪神電車のターミナルです。開業時は出入橋駅が起点でしたが、すぐに梅田 まで伸延しました。当時から大阪市内の急曲線は阪神カーブ式会社と揶揄されるくらい(この例え話は最近のようですが)阪神電車を苦しめてきました。線形を 改善した「急行線」を増設することを想定して、複々線に対応する巨大ターミナルを、地下に建設したのです。戦前のターミナル駅が今も使われている例は他に ないのではないでしょうか。

ここにお見せする写真は2002年4月30日、10月27日に撮影したものです。
 
阪神梅田駅は阪神百貨店地下二階に直結している。このビルは「大阪神ビル」。2002年4月30日の姿。

J1600x1200-98363
2002年に外装を更新、新築同様?に。(2002.10。27)
 2002-10-27-16-14_0077
(2002.10.27)
2002-10-27-16-14-01_0076

2004-02-21-15-54

阪急百貨店(2002.10.27)
2002-10-27-16-15

2004-02-21-15-54-01

地下鉄御堂筋線改札側から見た地下駅入り口。広大なホールだが柱が多い。1980年頃まではもっと薄暗く、床もコンクリート打ちっ 放しだった。この柱に新聞売りや靴磨きなどが多数店を出して、雑多な感じがした。戦後の雰囲気を色濃く残していた。
2002-04-30-10-56

ここ地下一階から階段を下りて改札口へ。左右は阪神百貨店の食料品売り場である。買い物客には大変便利で、しかも、百貨店規模の割 には、食料品売り場は大変充実しており、賑わっている。
ちなみに6階にはタイガースショップがあり、タイガースの成績さえ良ければこちらも大変賑わっている。
2002-04-30-10-55
階段を下りると自動改札が並ぶ。東側の北新地も改札が並ぶが、やはり正面口はここ。(2002.10)
2002-10-27-16-22

2002-10-27-16-24-01

阪神タイガースが優勝した時には派手に装飾されます。2003年9月16日の写真。
2003-09-16-15-25_0012
4番線に到着した各駅停車。福島付近地下化以前は、1番線が各停用だったが、構内配線変更によると思われる番線変更になった。
車止め前方にはご覧のように彫刻が配されている。中央は水飲み場である。最近ではこのようなものを見ることもなくなったが、開業当時の写真にもこの位置に水飲み場がある。
2002-04-30-11-05

3番線の車止め前方は昔から新聞売り場である。改札前に二カ所も売店があるというのに。でも一番よく売れる場所なのかもしれない。
2002-04-30-11-06

2002-04-30-11-07
売店を正面から見ると、後に電車が見えて奇妙な光景。売れるのはやはり阪神勝利のスポーツ新聞か。ちなみに関西ではどのスポーツ紙 も大抵阪神タイガースが一面。
2002-04-30-11-08
阪神タイガースがリーグ優勝した2003年9月16日の光景。
DSCF3232
2番線の突端は4番線と同じ彫刻花壇と水飲み場。
J1600x1200-98368
3番線に入線する急行。
地下駅なので構内配線はよく見えないが、阪神の頻発運転を実現する工夫されたものです。福島駅地下化の際、配線変更が行われている そうです。以前の戦前のすすけた地下隧道から最新シールド工法のトンネルに変わった。てっきりホームも長大編成に対応すると思われたが、変わっていませ ん。現状では6両編成が限度です。
20010430_0501_3_0061
4番線に入線する普通電車。方向幕はすでに折り返し後の高速神戸になっています。
20010430_0501_3_0073

20010430_0501_3_0070
ジェットカー発進!
2002-10-28-11-30-01


1980-1_20210825_1111

1980-1_20210825_1116

1980-1_20210825_1117

 1980-1_20210825_1168

1980-1_20210825_1169



18年ぶりに阪神タイガースがセ・リーグ優勝を決めた2003年9月、 日本シリーズへの期待を込めて大阪は盛り上がっていました。

DSCF3225

DSCF3226

DSCF3227

DSCF3228

DSCF3229

DSCF3231

DSCF3233

DSCF3234

DSCF3237
 

夏の夕方、活気ある阪神電車梅田駅の情景。

1983-2_20210909_6111

1983-2_20210909_6112

1983-2_20210909_6107

19830700DSC_366120210803_039

1983-2_20210909_6113

この日はこれから甲子園でナイターがあるのでしょう。
1983-2_20210909_6114

1983-2_20210909_6118

19830700DSC_366520210803_043

1983-2_20210909_6115

1983-2_20210909_6116

1983年当時、普通(各停)車は1番線発着でした。
1983-2_20210909_6117


1983-2_20210909_6119

19830700DSC_366220210803_040

19830700DSC_366320210803_041

19830700DSC_366420210803_042


1983-2_20210909_6120

1983-2_20210909_6121


19830700DSC_366620210803_044


阪神タイガースは2023年、クライマックスシリーズを勝ち抜いて日本シリーズに突入しました。オリックスバッファローズと関西対決、阪神甲子園球場と京セラドーム大阪の「なんば線シリーズ」ということになりました。
大阪ドームで阪神-オリックスは1-1、甲子園で初戦を落とし1-2で迎えた第4戦、大山のサヨナラヒット、第5戦、森下の逆転スリーベースなどで3-2と阪神が王手となりました。しかし11月4日時点、第6戦オリックスが勝って3-3のタイになっています。

筆者もチケットが欲しかったのですが抽選に漏れて入手できず。それでも大阪のホテルを予約が取れたので、阪神電車の日本シリーズ副票を撮影しにわざわざ横浜から行きました。

甲子園球場で行われた3戦中は臨時特急、それも久しぶりの梅田甲子園間ノンストップ特急が3本走ると発表があったのでそれを狙いに行きました。


2023年11月1日 大物駅にて

すでに急行も満員です。

 DSC_4635_20231101_163111NX


DSC_4657_20231101_163824NX


DSC_4706_20231101_164845NX

臨時特急 1本目
すでに陽が落ちてきました。
DSC_4734_20231101_165631NX


DSC_4749_20231101_165802NX


DSC_4781_20231101_171207NX

臨時特急 2本目
DSC_4807_20231101_171657NX

尼崎駅を通過する臨時特急 3本目
すでに暗くなってしまったので尼崎駅に移動して撮影。
DSC_4880_20231101_173849NX



2023年11月2日 梅田駅にて
前日のサヨナラ勝ちでタイに戻したこの日は甲子園球場で最後の試合ということもあって盛り上がっていました。
青胴車にだけヘッドマークが取り付けられています。5001形は今年度で引退が決まっています。

DSC_5247_20231102_162844NX

臨時特急 1本目
DSC_5262_20231102_164031NX

満員で発車
DSC_5265_20231102_164305NX


DSC_5271_20231102_165309NX

臨時特急 2本目
DSC_5275_20231102_170131NX

新しくなった梅田駅の終端部には多くの撮影者が。
DSC_5278_20231102_170213NX

臨時特急 3本目
DSC_5303_20231102_172307NX

最後の臨時特急も満員でした。
DSC_5318_20231102_172814NX

↑このページのトップヘ